お祭りミュージアム

ホーム > お知らせ

お知らせ

出張展示「~うつりゆく時代~浅草と下町展」

平成25年2月6日(水)から2月12日(火)までの7日間、東武百貨店宇都宮店5階イベントプラザにて、「~うつりゆく時代~浅草と下町展」が開催されます。

この中の「三社祭展」のコーナーにおいて、当館所蔵の『ミニチュア宮神輿3基(宮本卯之助商店製作)』『三社祭宮出し風景ジオラマ(山本高樹氏製作)』『剛力半纏・浅草神社半纏・刺子半纏』『手古舞衣装』『祭り小物』『時代別三社祭写真展』などの展示や『鉢巻の被り方』『帯の締め方』の実例を出張展示致します。

その他にも、「浅草歳時記写真展」「マッチラベル展」「ゆめまち観音展(浅草六区の歴史)」といったコーナーや「浅草うまいもの通り」と称して、浅草の老舗・名店が8店舗出張販売致します。

また、「九谷色絵の世界三人展」「栃木の書壇50人展」も併催催事として行われます。

近郊の方はこのチャンスに是非ご来場下さい。

<~うつりゆく時代~浅草と下町展>

場 所:東武百貨店宇都宮店5階イベントプラザ

日 時:平成25年2月6日(水)から2月12日(火)の7日間

      午前10時から午後7時(最終日は午後4時まで)

        最終入場は各日閉場の30分前まで

入場料:大人500円(高校生以上) 小人300円(中学生)

     ※小学生以下は無料

 

夏休み特別展示「三社祭宮出し風景ジオラマ展」について

ジオラマ展は終了しました。

 次回の公開は2013年5月を予定しております。

(現在、山本高樹「昭和幻風景ジオラマ展」へ貸し出し中です。  )

 

現場に行って見たくとも、これまで写真やビデオしか見られなかった「三社祭宮出し」その風景をテーマにしたジオラマがこのたび完成の運びとなりましたので、浅草お祭りミュージアムで以下の通り特別展示を行います。

 このジオラマの作者は、今NHKで放送中の連続ドラマ「梅ちゃん先生」のタイトルのジオラマを製作された山本高樹先生です。単なる縮尺模型ではなく、「担ぎ手の熱い熱気」を伝えるべく、様々な工夫が施されております

 毎年宮出しに行っているという方にも楽しめるお薦めの逸品です。
 夏休みの調べ学習の題材にも如何でしょうか?

開催期間:平成24年8月2日(木)~10月11日(金) 午前10時~午後6時 (ただし休館日およびメンテナンスの時間には入れない時もありますのであらかじめご了承下さい)

※当館は、通常は「見学無料」ですが、開催期間中は「見学チケット」が必要になります。
※見学料:大人100円 子供50円(税込)
※見学チケットは、開催期間中何回でも使えます。
※見学チケットは1回限りで、お買上げ商品より購入金額分値引きさせて頂きます。 

【↓製作中のジオラマを前にした山本高樹先生】 
CIMG1880.JPG

ジオラマ.JPG

写真で見る舟渡御 2012年5月3日~5月20日

2012年(平成24年)3月18日に、 三社祭斎行700年祭浅草本尊示現会舟渡御が54年ぶりに開催さ れた。

この歴史的行事を記録に留める為に、「守り伝えようお祭り文化」 を趣旨に活動している、浅草お祭りミュージアムでは、 撮影クルーを組んで、胴上げ、胴下げ、町内移御、船渡御、 神輿渡御と要所要所で膨大な撮影を行った。

この日の模様は、マスコミでも報道されたが、全てが網羅されている訳ではない。そこで、今回この貴重な写真を三社祭(5月18日~20日開催) に先駆けて5月3日から5月20日まで浅草お祭りミュージアムにて公開することとなった。会場では、舟渡御の模様を写した映像も見ることが出来るようになっている。

funatogyo01.JPG funatogyo02.JPG funatogyo03.JPG funatogyo04.JPG

ページの先頭へ

お祭りミュージアム実行委員会について

Copyright © お祭りミュージアム All Rights reserved.
「祭りミュージアム」は、東京和晒株式会社の登録商標です。(登録第5371351号)

東京和晒グループサイト :東京和晒 創造館てぬクリ工房はんてんのことなら、伴天ねっと!日本の祭りマツリドットコムオリジナル伴天・手拭製作の東京和晒