お祭りミュージアム

ホーム > お祭りファッション > 鯉口シャツ

鯉口シャツ

お祭り衣装の中でも、ファッションセンスを最も活かせるのが鯉口シャツ。

袖口が鯉の口のようなのでこの名が付けられました。

さまざまな色・柄があり、共柄の股引と合わせてもよし、股引は黒で引き締めて腹掛けを掛けてもよし。ただし、正装の場合は柄のない白の鯉口シャツを着用しましょう。


koikuchi.jpg
子ども用もいろいろなサイズ・色・柄が揃っている。
親子でペアルックを楽しむのもいい。
はちまきとのコーディネイトもセンスの見せどころ。
 


011.jpg
かわいいピンクの花柄を上下セットで。
 

012.jpg
腹掛けと股引を合わせて引き締まった印象に。
 

013.jpg
千社札をモチーフにした小粋な上下。
 

014.jpg
文字模様が散りばめられた刺し子生地の上下(男性)と、
白地に小花模様の上下(女性)。

 



※この記事は「 いなせな 浅草っ子のお祭りガイド 」より抜粋したものです。


 

ページの先頭へ

お祭りミュージアム実行委員会について

Copyright © お祭りミュージアム All Rights reserved.
「祭りミュージアム」は、東京和晒株式会社の登録商標です。(登録第5371351号)

東京和晒グループサイト :東京和晒 創造館てぬクリ工房はんてんのことなら、伴天ねっと!日本の祭りマツリドットコムオリジナル伴天・手拭製作の東京和晒