お祭りミュージアム

ホーム > お祭りファッション > 帯

それぞれの帯の結び方は、「 いなせな浅草っ子のお祭りガイド 」の特別付録にて、詳しく解説しています。

 

帯はお祭りファッションを引き締める重要なアイテム。

選び方、締め方で、全体の印象ががらりと変わります。

きりっとした角帯や平ぐけ帯、デザイン性に優れた巻帯などがあり、締め方もさまざま。



obitop.jpg
伝統的な藍染の半纏を、紫の網柄の巻帯が引き立てる。
結び方は「喧嘩結び」。
同じく「喧嘩結び」に締めたはちまきとのバランスもポイント。
 

024.jpg
正面の×印が印象的な「神田結び」。
 
025.jpg
喧嘩結び」は“ツノ”をV字に立たせる。

026.jpg
キリッとした印象の「男結び(貝の口)」は結び目を腰脇に。
 
027.jpg
前結び」は左右対称になるように整えよう。
 
028.jpg
蝶結び」は結び目を後ろに回して、
腰脇くらいに見せるのが粋。

 



※この記事は「 いなせな 浅草っ子のお祭りガイド 」より抜粋したものです。


 

ページの先頭へ

お祭りミュージアム実行委員会について

Copyright © お祭りミュージアム All Rights reserved.
「祭りミュージアム」は、東京和晒株式会社の登録商標です。(登録第5371351号)

東京和晒グループサイト :東京和晒 創造館てぬクリ工房はんてんのことなら、伴天ねっと!日本の祭りマツリドットコムオリジナル伴天・手拭製作の東京和晒