葬儀の費用が払えない!

昨今の葬儀の費用の写真

昨今の葬儀の費用

葬儀には費用がかかります。費用相場は下がりつつある昨今ですが、それでも何十万~何百万円の費用が急に必要になります。その費用が用意できないや払えない場合はどうしたらいいのでしょう?そんな時の有効な対処法をこれからご紹介します。

その前に、最近の葬儀費用の相場についてお話をしますが、最近では平均190万円前後の費用となっています。この金額には、葬儀一式の費用はもちろん、通夜・告別式での飲食接待費や、寺院に対するお布施なども含まれています。葬儀に必要な費用は決して安くはないのです。さらに、参列者の人数が多ければ多いほど上がりますし、香典でその費用を多少まかなうことはできますが、香典返しもしなければならないので、すべてを香典で賄おうと考えるのは得策ではありません。ある日突然に多額のお金を用意しなければならないこと、それが葬儀の大きな負担のひとつになっているのです。

200万円近い金額は決して安くはないですよね。突然の悲劇に見舞われ、慌ただしい中でこのような大きな出費をすることは、精神的にも大変なことです。しかし、葬儀には様々な種類があり、内容によっては費用を大幅に抑えることができますし、葬儀ローンやカードローンを利用することで一時的に必要なお金を用意することもできます。一番大切なのは、いざというときに慌てないこと。どのような葬儀を行うかを事前に決めておくことや、お金を借りる必要がありそうな場合には、事前に葬儀社や金融会社に確認しておくことなど、葬儀のためにできることはたくさんあります。故人とご遺族の双方が満足できる葬儀を行うためには、できるだけ早い段階で行動することが大切です。

なお、後々の返済が心配であれば、思い切って直葬のような非常にシンプルな方法を選択するのが賢明でしょう。地方では、豪華な葬儀を重視する家庭がまだまだ多い。しかし、都市部では、故人を悼む気持ちや故人との最後の時間を大切にすることを重視した小さなお葬式が求められています。そして、現代では、喪主を葬儀が終わるまで招待しない、お墓を建てずに自宅で葬儀を行うなど、あらゆる面で葬儀がミニマム化しています。

ちなみに、究極的な選択しとしては、葬儀をしなければならないという法律はありませんので、必ずしも行わなければならないものではありませんが、埋葬と火葬は必ずし行わなければなりません。

さて、これから、これらの問題を解消するための有効な4つの方法をご紹介します。

春日部市での葬儀はグランドセレモニー